INTERVIEW

Q. 学校の教育方針や教育理念、校風について教えてください。

「励まし合い、競い合い、高め合い」をスローガンに、勉強・部活動に元気よく逞しく活動しています。

奈良育英中学校・高等学校は、1916年(大正5年)に藤井高蔵・ショウ夫妻によって「完全なる人格の育成」を建学の精神として創立された103年の歴史と伝統を誇る私立の共学校です。学校は、いにしえの町奈良の都に位置し、校舎からは三笠山の麓にそびえる東大寺の大仏殿を拝むことができます。
 本校は、自己を深く知り、自己を愛する心を養い、そしてお互いを認め合い、助け合い、切磋琢磨し、他者を愛し、他者からも愛される存在となり凡ての隣から「愛し愛される学校」となることを目指しています。
今年から本校では、将来持続可能な社会を創造していく担い手を育むESDに取り組んでいます。
生徒たちは、「励まし合い、競い合い、高め合い」をスローガンに、勉強・部活動に元気よく逞しく活動しています。

photo
photo
photo

Q. 今回制服を変えた理由を教えてください。

自らしっかりと考えて主体的に制服を着こなす

新しい学習指導要領で求められる力というのは、今までの教育に付加価値がついたこれからの新時代に必要とされる力であり、本校においても、予想することが難しい未来社会を生き抜く人材を育てるために様々な部門で見直しを図り、学校改革、教育改革を進めています。その中の一つとして、今回、従来の型にはまったこれでないとダメといった制服から、子どもたち一人一人が自らしっかりと考えて主体的に制服を着こなすという新時代の生き方に結びつく発想で制服改定を進めていきたいと考えています。

LINE UP

photo
photo
photo
photo
photo

COMMENT from DESIGNER

デザイナーからのコメント

学園の象徴“3色すみれ”をイメージしたすみれ色を全体に使い、上品で知的な印象と独自性を両立させたブレザースタイル。 衿端にすみれ色のステッチを施した濃紺のジャケットと、同じくすみれ色を配したチェック柄のボトムスをコーディネートしました。 高校のネクタイ、リボンは高級感のあるゴールドに三笠山を思わせるグリーンのラインを入れ、校章をちりばめました。

photo
photo

MESSAGE

新制服を着る新入生へのメッセージ

これから新時代を生き抜いていく皆さんには、友や先生、家族との繋がり、先輩や後輩、連携校や対戦校との繋がり、地域や支援していただく方々そして目指すべき目標となる方々との繋がり、そういった人と人との繋がりを心の底から大切にして欲しいと願っています。
そして、奈良育英で学んでいく未来の挑戦者達には、その原点となる「命の繋がり」をしっかりと意識しながら、自分の身の回りから世界へとグローバルに物事をとらえ、その本質にしっかりフィードできる人材になって欲しいと思っています。
奈良育英は“伝統の風を未来へ”を合言葉に「挑戦者」を生み出す学校です。“繋がり”を大切にしながら自分の可能性への挑戦、未来への挑戦、そして世界への挑戦を果たしていってください。