©AKS

INTERVIEW

Q.学校の教育方針や教育理念、校風について教えてください。

創立110年目を迎える市邨高等学校では、創立当初から「世界は我が市場ならずや」という言葉をテーマに世界に飛躍することのできるグローバル人材の育成に力を入れています。特に英語教育に力を入れており、「聞く」「読む」だけでなく「話す」「書く」も含めた4技能を習得できるような教育カリキュラムを取り入れ、最新のICTを取り入れた授業を展開することで、私学として他の学校にはない最先端の教育を行っています。

カナダやニュージーランドへの海外語学研修や企業へのインターンシップ、農家生活体験・自然体験等の様々な体験型学習を取り入れることによって、積極的に一人ひとりが学習へ取り組むためのきっかけ作りをしています。

また、学校内には緑地帯があり、名古屋市内にいながら、豊かな自然と広大な敷地を持つ本校でのびのびとした学園生活を送れる環境が整っています。

photo
photo
photo

Q.今回制服を変えた理由を教えてください。

本校は、伝統ある学校でありながらも5年前より社会の現状を踏まえ、未来の社会を見据えた 教育改革を行ってきました。「人生を、どう生きるか。」本校はこの言葉を生徒達へ問いかけるようにしており、大きな変化のある社会の中で自分のキャリアをどう作っていくかを考えることなしに、自分の人生を考えることはできないと考えています。

教育改革の一つとして、生徒一人ひとりが主体となり自ら能動的に学習する形式(アクティブラーニング)を取り入れ、英語教育・体験教育を通し、人生の礎となるような教育へシフトしています。

そして今回、この改革を体現できるような制服を導入しようと思ったのが、今回制服を変える理由です。これまで教育理念や教育カリキュラムで、最先端の考え方や教育方法を取り入れてきた本校にとって、制服も他の学校にはない、新しい本校独自のものにするべきだと思いました。この新しいO.C.S.D.というブランドを採用し、世界に一つだけの市邨学園オリジナルチェック柄を使い、本校オンリーワンの制服を作りました。

LINE UP

photo
photo
photo
photo
photo

COMMENT from DESIGNER

デザイナーからのコメント

原点回帰をテーマに、エンジをベースにしたコーディネイトしたオリジナルデザインです。

男子は、トラディショナルなシングル3つボタンブレザーにグレーベースのチェック柄スラックス。 女子は、中学、高校でジャケットのデザインをかえました。中学生はより可愛らしくボレロ風のジャケット。高校生は、より凛々しく大人っぽいジャケットです。 スカートのチェック柄がジャケットにマッチしています。胸の校章刺繍もポイントです。

photo
photo

MESSAGE

新制服を着る新入生へのメッセージ

市邨中学校をお考えの小学生のみなさんへ

今後、高校生や大学生になると、いろいろなことを覚えるだけの勉強でなく、インターネットなどを使ってたくさんの情報から必要なものを選ぶことや、情報に自分の考えを加えることが必要となってきます。まずは中学生のうちから、いろいろな情報を取捨選択し、自身の発想をふくらませられる人になってほしいと思っています。
本校は先生と生徒の距離がとても近く、学業だけでなく友人関係やいろいろな悩みを一緒に解決しています。君たちに何が必要なのかをアドバイスできるように、少人数のクラス編成でいつでもサポートできる準備をしています。
一緒に6年間の学校生活をすごせることを楽しみにしています。

市邨高等学校をお考えの中学生のみなさんへ

本校は古い伝統を持ちながらも、様々なチャレンジを続けている学校です。学校だけではなく、みなさんの先輩たちも部活動や学業、資格の取得など一人ひとり自分自身の目標や未来を見据えて多くのチャレンジをしています。
まず入学したら自身が「人生を、どう生きるか」をぜひ考えてみてください。本校には豊富な体験学習活動の場や一人ひとりに応じたキャリア形成カリキュラムがあり、みなさんの思い描く未来へ進むための環境が整っています。
本校は未来に向かって進む一人ひとりを応援しています。新しい制服に身を包み、4月にみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

to top