©AKS

INTERVIEW

Q.学校の教育方針や教育理念、校風について教えてください。

長崎県立松浦高等学校は、市民の強い要望から1962年に設立されました。地域を代表する学校であるという自負、生徒が学校を創るという伝統、そしてチャレンジ精神は今も受け継がれています。また、穏やかな気質の生徒が多く、慈しみや助け合いが校風のひとつとなっています。伝統と新しさ、そして強さと優しさを併せ持つのが松浦高校です。

松浦高校は、現在、普通科と商業科の二学科で構成され、地域に根ざした学校づくりをめざしています。そして、生徒一人一人の進路目標を実現する学校です。将来は地元に戻り、郷土の発展に貢献できる人材を育てたいと思っています。

photo
photo
photo

Q.今回制服を変えた理由を教えてください。

定員割れの状態が続いていた本校に対し、松浦市から、地元の縫製工場で生産された制服に替えることにより松浦高校の魅力を向上することができないかとの提案があったことがきっかけでした。

そして24年ぶりに制服を改訂するにあたり、生徒が着用したくなるような制服をつくるための答えは、生徒自身の中にあると考えました。そのため公募によって生徒実行委員会を組織し生徒が制服を企画することにしました。

生徒実行委員会は半年以上かけて制服の企画を行い、新しい制服を完成させました。生徒が中心となって制服を改訂したことで個性的で魅力的な制服を創ることができました。やはり答えは生徒自身が持っていました。

LINE UP

photo
photo
photo

COMMENT from DESIGNER

デザイナーからのコメント

松浦市を表現した、緑と青のカラーリングがさわやかなブレザースタイル。

新たなシンボルマークをデザインしたボタンや、グレーの切り替えがアクセントです。

スカートは「松浦ブルー」を取り入れたオリジナルチェック柄。
スラックスは色のトーンを落としてアレンジし、男女でまとまりのあるスタイルに仕上げました。

photo
photo

MESSAGE

新制服を着る新入生へのメッセージ

本校の生徒は「松浦が好き、松高が好き」とよく言います。そんな母校や地域に対する愛情を持つ生徒達が、皆さんのために、自分では着ることのない制服を創りました。

新しい制服は、遠くから見ても松高生だとわかる個性的なものになっています。これは、制服を着る人に松高生の誇りと自覚を持ってもらいたいという気持ちからです。また、地元で縫製され「メイドイン松浦」のタグが入ったスラックスや、松浦市の色であるウルトラマリンが入った世界でひとつだけの松浦チェックなど、様々な仕掛けがしてあります。

皆さん、先輩達のそのような思いを受け止め、制服を大切に着てください。そして松高を、松浦を、長崎を支える人材となってください。

to top