INTERVIEW

Q.学校の教育方針や教育理念、校風について教えてください。

2021年に創立100周年を迎える本校は、「傍(ハタ)を楽(ラク)にする人づくり」というミッションのもと、利己主義ではなく、利他主義の精神に基づき、他者のための働きを喜びとできる人づくりを教育の根幹としています。

今年度より、キャッチコピーを「未来はつくるからオモシロイ」としています。これは、生徒たちが大人になり社会で働く2030年代。その未来は、今とは全く違う世界になっています。どのような世界かひと言で表すのであれば、「答えがない世界」です。これまでは、教科書や書物などから学べる「知識」を利用し、正しい答えを速く見出す能力である「知能」が重要視されていました。それは、世界が我々の予測の範囲で進んでいたからです。グローバル化の進展・ダイバーシティ・AI(人工知能)など、急激に変化する「未来」社会では、予測の範囲が通用せず、「答えのない問い」に立ち向かわなければならないのです。その時に必要なことは「知性」を磨くことです。「知性」とは、容易に答えの見つからぬ問いに対して、決してあきらめず、その問いを問い続ける能力のことです。そして、もう一つ。答えがない世界なら、その答えを自分でつくればいいと考えます。明日という未来。1か月後という未来。1年後という未来。人には必ず未来がやってきます。当たり前に来る未来を自分で創造していく方が絶対にオモシロイですよね。何より、学校はオモシロイが一番です。これからもワクワク・ドキドキがたくさん詰まった学校になるよう、生徒と共に学校も「未来づくり」に努めます。

photo
photo
photo

Q.今回制服を変えた理由を教えてください。

2021年に創立100周年を迎える際に、全校生徒が新制服で一同に揃うタイミングが「いま」だったからです。

100周年の伝統を胸に、新たな100年に向けて、新しい一歩を生徒と共に踏み出していきます。

LINE UP

photo
photo
photo

COMMENT from DESIGNER

デザイナーからのコメント

スクールカラーのエンジをアクセント使いした斬新なブレザースタイル。
男女ジャケットはそれぞれ4色の糸を織りあわせ、太陽の光に当たるとスクールカラーのエンジが浮き立つようになっています。

胸元に斜めの切り返しを入れシャープなデザインにしました。
スカートは3種類あり、エンジのチェック柄が正装です。

ネクタイ、リボンを組み合わせることでバリエーション豊富な着こなしが可能です。

photo
photo

MESSAGE

新制服を着る新入生へのメッセージ

制服づくりの基本コンセプトとして、他にはない「デザイン・機能性・こだわり」を求めました。
何より、制服は「毎日、着る物」です。多くの高校生が当たり前に着用する制服を、喜んで着てもらいたい。着ることで笑顔になってもらいたい。制服一つで幸せになってもらいたい。
そんな制服にしたいという思いで、制服づくりを進めました。新入生の皆さんの溢れる笑顔を今から楽しみにしています。

to top