INTERVIEW

Q. 学校の教育方針や教育理念、校風について教えてください。

「清く 明るく 強く たくましく」

 本校は、今年で創立117年目を迎える歴史と伝統、実績を誇る香川学園の中学校部門であり、地元では「付中」の名で親しまれています。建学の精神「自主・独立・共生・礼節」と、「気力の充実した青少年の育成」という教育方針を不易の理念とし、「清く 明るく 強く たくましく」を校訓として、新たな時代を拓く人材の育成に努めています。
 ユニークな教育スタイルは開学時から今に至るまで受け継がれ、週6日制、7時間授業、夏の登山、剣道・柔道・弓道などの武道が必修といった教育内容は、変わることのない本校の伝統です。さらに、海外の教育機関とネットでつながったオンライン・スピーキングや、冬のスキー教室、夏の北海道修学旅行といった学校行事のほか、多彩な部活動も活発に行われており、学力の強化・向上だけでなく、「付中魂」と呼んでいる心身の鍛錬と、ここぞという時クラスメイトが一致協力する社会性を、「文武両道」の校風の中で学んでいます。

photo
photo
photo

Q. 今回制服を変えた理由を教えてください。

 現行の制服が採用されてからおよそ20年が経過し、時代の変化に合わせてデザイン、機能、利便性などの向上を図るために制服の変更を行うこととしました。新制服のデザインは伝統校にふさわしく、全体的に落ち着いたイメージを大切にしています。上品さと爽やかさを兼ね備えた新しい制服は、これまで以上に「付中」らしさを感じられる本校オリジナルのデザインとなりました。

LINE UP

photo
photo
photo

COMMENT from DESIGNER

デザイナーからのコメント

流行に左右されず、学校と共に永く愛される上品なスタイルを目指しました。 男女とも、濃紺をベースに胸元に高級感のあるシルバーの刺繍を施した品のあるデザインです。 女子は可愛らしい印象のノーカラージャケットスタイル。 脇ポケット口のエンジの切り替えがさりげないアクセントになっています。 スカート柄は脇に大きく使用したエンジが華やかなチェック柄です。 男子は知的なブルーのミニチェック柄をスラックスに採用。 ネクタイにもブルーを使用し、爽やかにまとめたスタイルとなっています。

photo
photo

MESSAGE

新制服を着る新入生へのメッセージ

 小学校と高校の間にある中学生としての3年間は、心も身体も大きく、そしてたくましく成長する、とても大切な時期です。付中の生徒の皆さんには、令和という新たな時代の下で、新しい制服とともに、心豊かでチャレンジ精神あふれる元気な生徒に育ってくれることを願っています。